踏絵

 

展示会オープニングの様子動画↓

踏絵 (2003)

セラミック

25 x 25 cm 四方のタイル 計2200枚

本作品はCSIRO(オーストラリア連邦科学産業研究機構)キャンベラ、エコシステム機構チーム、昆虫学者Kim Pullen協力のもと制作。

オーストラリアの絶滅危惧種である11種の蝶を象ったタイルを大量に制作し、展示会場床一面に敷き詰めた。会場を訪れた者は、その作品(タイル)の上を歩き回り、踏みつぶしながら鑑賞してもらうというインタラクティブな作品。

制作期間8ヶ月、完成した作品は、2003年11月にキャンベラCSIROディスカバリー科学博物館にて発表。展示会場床一面に敷き詰められた2200枚のタイルは、展示会オープニング参加者によって30分以内に破壊され粉々になった。