スイートバリアリーフ

スイートバリアリーフ (2009)

砂糖、ベジタブルガム、発泡スチロール

サイズ可変

第53回ヴェネチアビエンナーレ出展時のオープニングパフォーマンスの動画↓

本作品は、Australian Institution of Marine Science(オーストラリア海洋科学研究所)における海洋生物学者らの取材または研究協力を経て製作された。
主な研究内容は、砂糖産業に起因する世界規模の珊瑚の白化現象、また植民地時代から始まる砂糖の歴史と資本主義における砂糖の役割。

スイートバリアリーフ 第53回ヴェネチアビエンナーレ出展作品

本作品は2009年ヴェネチアビエンナーレにオーストラリア代表として開催されたフェリシティー•フェナー(キュレーター)による代表3組のグループ展「Once Removed」に出展。他の豪州アーティスト(Vernon Ah KeeとClaire Healy&Sean Cordeiro)

当ビエンナーレのヴェルニサージュ(オープニングセレモニー)では、本作品の一環としてパフォーマンスを行った。(シュトラウスの曲「美しく青きドナウ」をBGMに、ファッションモデルにるダンスと珊瑚に見立てたケーキを観客に振る舞い、その場で食べてもらうというもの)

モデル (Performers): Elena Bittante, Marginean Alexandra, Dafne Russo and Michela Dal Toso
コスチュームデザイナー: Zephyer Huang (Zephyer Graham)
振り付け師:Annalice Creighton