生きものの記録

 

What the Birds Knew (2012)

ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト

5.2 m x 3 m x 3 m

米谷 健+ジュリア 展示会「What the Birds Knew」インタビュー by Das Platforms

本作品は、オーストラリア北部ノーザン•テリトリーに古くから伝わる先住民族アボリジニーのドリーミング(神話/教え)の現地調査、取材を経て製作。

1970年代、オーストラリア北部ノーザン•テリトリーにあるナバレックにおいて、上質濃厚なウラン鉱が開山した。付近はクインジュ原住民に古く祖先から伝わる「緑蟻ドリーミング」で知られる場所であった。白人によってウランが発見された当初、原住民はウラン採掘に反対の立場だったが、最終的に反対は押し切られ、1970年後半からナバレック鉱山の掘削が始まった。採取されたウランは日本にも輸出され、原子力発電の燃料となった。遥かむかし南半球辺境の地で、まるで人類の未来を予見したかのようなドリーミングとは‥…

その大地を掘り起こすならば、地中からたちまちのうちに巨大な緑蟻が現れ、世界を踏みつぶし破壊してしまうだろう ー緑蟻ドリーミング

本作タイトルは、黒澤明監督作品「生きものの記録」より引用。

森美術館蔵(シャーマンファンデーションより寄贈)